Oasis blogオアシスブログ

Vol.244

小児の薬の服用方法

2017年12月発行

「子供が薬をなかなか飲んでくれない」、「薬を飲ませる方法がわからない」などお子さんに薬を飲ませる際に困ったことはありませんか。今回はお薬をお渡しする際に質問の多い粉薬とシロップの服用方法を紹介します。

シロップ

1.シロップの入った容器を上下逆さまにし、ゆっくり振り混ぜるようにします。
※水を加えるように指示がある時は指定されている部分まで水を加えてから行って下さい

2.1回分の薬を計量し、お子さんにゆっくり飲ませます。
以下のような方法があります。
薬杯(小さなカップ)に薬を取り、そのまま飲ませる。
スプーンで薬を何回分かに分けて飲ませる。
スポイトに1回分を計量し、お子さんの頬の内側に沿わせて飲ませる。むせないようにゆっくりと行う。
哺乳瓶のニプル(乳首)のみを使用して、その内側に薬を入れてから飲ませる。

粉薬

基本は水で飲ませます。
粉薬に水を1-2滴入れて練り、お団子状やペースト状にし、それを頬の内側や上顎の裏に塗って水で飲ませます。
粉薬を水やぬるま湯に入れ、かき混ぜて溶かしつつ飲ませます。

薬単体では飲まない、味が苦手で飲んでくれない時

お薬服用ゼリーやオブラートで包む方法
お薬服用ゼリーはゼリー状の服薬補助食品です。使用方法は、容器などにゼリーを取り出し、その中心に薬を入れて上からゼリーを被せ包み込むようにしてから使用します。ぶどう味は酸味があるため抗生剤と混ぜると苦味がでることがあります。チョコレート味は味が変化しにくく飲ませやすいです。

食べ物に混ぜる方法
薬をミルクに溶かすことは、飲めなかった場合にミルク嫌いになる恐れがあるため、避けましょう。小さなお子さんは、食後は満腹で薬を受け付けにくいため、ミルクや食事の前に薬を飲ませた方が良い場合もあります。また、「薬を飲むことは、症状を改善させ元気な状態に戻すため」と理解してもらうことも大切です。

抗生剤と相性の良い物・悪い物

注意が必要な抗生剤の一例 アジスロマイシン、クラリスロマイシン、エリスロマイシン
混ぜると飲ませやすいもの(甘い) プリン、アイスクリーム、コンデンスミルク
避けた方がよいもの(すっぱい) 果汁ジュース、ヨーグルト、スポーツドリンク、一部の薬剤(カルボシステインなど)、酸味のあるもの

一人ひとりの、オアシスへ。お問い合わせはお気軽にどうぞ。

TEL : 0436-23-3351  FAX : 0436-23-3352

採用に関するお問い合わせやご相談など、お気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

TEL : 0436-23-8721